--- about ---

派遣社員でお金を借りたい方へ

派遣会社のスタッフでお金を借りたいと思っている方は派遣登録時に営業担当者の方へ色々と質問してみましょう。すぐに対応可能なところもあれば全く対応してくれない方もいます。派遣会社の中には前借りも可能なところもあるのでこちらもダメ元で聞いてみることをおすすめします。前借りが1万円でも可能であればそれだけでもずいぶんラクになりますからね(^^

どんなところでお金を借りることが出来る?対決

○WIN:アルバイト
銀行系カードローン、消費者金融系キャッシングローン

×LOSE:派遣社員
銀行系カードローン、消費者金融系キャッシングローン、住宅ローン、自動車ローン、就業中の派遣社員向け専用ローン(一部派遣会社のみ)

お金を借りる為には収入が必要!収入対決

○WIN:派遣社員
業種やスキルによって年収に差がありますが、約200万円~350万円と言われています。

×LOSE:アルバイト
アルバイトといっても人それぞれ働き方や時給に違いがあり、収入の平均を算出するのは難しいのですが、アルバイトの年収は約60万円~150万円と言われています。

お金を借りるのに必要な信用、社会的信用度が高いのはどっち?

○WIN:派遣社員
社会人経験を経ている人や専門的な資格を活かして働いている人もおり、時間給も高く正社員への登用の可能性もあります。期間契約なので期間中の雇用は保障されていますし、福利厚生などの待遇面も充実しています。これらを踏まえると、それなりの信用度があるイメージですが正社員に比べると融資などに関しては社会的信用が低いのが実情です。

×LOSE:アルバイト
年収も低く福利厚生の内容もそれぞれです。また、雇用の保障がされていないので融資などに関しては社会的信用が低いです。

審査で評価される勤続年数対決

○WIN:派遣社員
半年程度の勤続年数でも審査で評価される可能性あり。しかし、基本的には1年以上の勤続年数が望しい。

×LOSE:アルバイト
1年以上の勤続年数があり、他にマイナス点がなければ審査で評価される。勤続年数が長いほど審査を通る確率が上がる。

まとめ:アルバイトと派遣社員のお金を借りやすいのはどっち?

アルバイトと派遣社員のお金の借りやすさを比較していますが、アルバイトも派遣社員も非正規雇用に分類されます。カードローンやキャッシングローンに関しては、どちらも非正規社員という事で借りやすさに余り差がありません。どちらも前年度の年収と勤続年数を重視されるので、アルバイトであろうが派遣社員であろうが収入があって同じ職場で長い間働いてさえいれば、審査を通過する可能性が高まります。

差があるといえば、アルバイトだと自動車ローンや住宅ローンの利用が非常に難しい点です。派遣社員でも収入によってはこれらのローンを利用する事が出来ませんが、まだ派遣社員の方が年収も多く借りやすいようです。

派遣会社によっては、条件を満たしている就業中の派遣社員に専用のローンを用意している会社もあるようなので、こういったサービスを利用してお金を借りる方法もあります。

派遣社員の方が色んな所からお金を借りる事が出来る印象ですが、要はお金を返す事が出来る継続的な収入があれば良いので、アルバイトでも派遣社員でも長期間勤務をしており、安定した収入を得ている人ほどお金が借りやすいという事です。

よって、この対決は引き分けとします。

正社員との違うも知りたい方は「派遣社員とアルバイトや契約社員、正社員との違いは?」の記事のほうで詳しく書かれています。

News